お金の研究所 | 資産運用のお悩み解決サイト

資産を増やしたい人に向けた、投資信託・株式投資・不動産投資・ロボアドバイザー・ソーシャルレンディング・仮想通貨などに関する情報サイト

大企業サラリーマンの副業で不動産投資がおすすめな理由とその始め方

不動産投資

副業に興味はあるけれども、まだ何の副業をすべきか悩んでいる大企業や上場企業勤務のサラリーマンにおすすめな資産運用の一つが、不動産投資です。

なぜそのようなエリートサラリーマンの方に不動産投資をすすめるのか?というと、他の一般的な会社員と異なり、そのような属性の会社員の方は銀行からローンを借りやすいからです。

ですが、上場企業などの大きな会社に勤めている場合、「会社にバレないのか?」と不安になられる方もいらっしゃるかと思います。

ですので、今回はそのような注意点も含めて、不動産投資がおすすめな理由と、始める前に注意した方が良い点、具体的な不動産投資の始め方などについてご紹介します。

不動産投資は、会社の副業規定に抵触しない場合が多い

副業規定

まず、「本当に不動産投資をやって大丈夫なの?」というところが不安な方は、勤務先企業の「就業規則」を確認するのが一番手っ取り早いです。

ですが、多くの会社では下記のような基準をクリアでてきていれば、副業として不動産投資に取り組んでいても問題ないことが多いです。

  • 副業が会社の収益に悪影響を及ぼさないこと
  • 副業が本業の労働に悪影響を及ぼさないこと

不動産投資は、一度不動産を購入してしまえば、基本的にほったらかしの不労所得(家賃収入)となりますので、そんなに本業への影響は大きくないと言えます。

また、下記のようなパターンで不動産投資を始める場合もありますので、このようなパターンをいちいち会社が取り締まっていては、とても大変です。

  • 遺産相続で、不動産を取得するパターン
  • 転勤に伴い、自宅を賃貸に出すパターン

従って、不動産投資自体は副業規定に抵触しない場合が多いようです。

ですが、もちろん当たり前ですが、会社にいる間に不動産投資に関する作業をしていたりしたら、厳重注意をされる可能性はあります。

一方、会社にいる時間以外で不動産投資に取り組んだり、本業にも支障をきたさない程度で不動産投資に取り組むのであれば、特段問題にはならないでしょう。

不動産投資は、他の投資関連の副業よりも費やす時間が短くて良い

時間

冒頭では、大企業サラリーマンが不動産投資を始める場合は、銀行からローンを借りやすいというメリットをお伝えしました。

ですが、それ以外にもサラリーマンが不動産投資を始めるメリットとしては、他の副業と比べて、手間がかからない点が挙げられます。

不動産投資の場合は、一度物件を購入して、その後の運用管理については不動産管理会社に任せてしまえば、ほぼほったらかしで副収入(家賃収入)という不労所得が入る仕組みを作れます。

一方、株式投資や投資信託を購入する際は、事前にきっちりとした企業分析なども必要であり、その後も定期的に投資先の状況をウォッチする必要がありますので、何かと手間がかかります。

(もちろん、ハイリターンの不動産投資ではなく、ロボアドバイザーなどのミドルリターンの投資を選択するのであれば、手間はほとんどかかりません)

不動産投資の支援サービスも充実している

また、不動産投資にあたっては、以前の記事でご紹介した株式会社GA technologiesというテクノロジー企業が提供するRenosy(リノシー)などの不動産投資の初心者向けサービスなども、近年充実してきています。

そのような不動産投資の支援サービスを活用すれば、最初から不動産投資のプロに相談することも可能です。

また、不動産投資の場合は、場合によっては節税も可能になります。

この節税に関しては、例えば不動産物件の家賃収入よりも、維持管理費などの必要経費が高くついてしまい、収支がマイナスになってしまった場合などに利用できます。

サラリーマンの経費としては「給与所得控除」という控除項目があるのですが、ここでは不動産投資の経費も差し引ける(給与所得との損益通算ができる)ため、実際の所得を少なくすることができ、結果として節税が可能となるのです。

ここまで読んで不動産投資を気になった方は、不動産投資の始め方や成功の秘訣などが記載された「無料のノウハウBook」をRenosyが配布しておりますので、一度RenosyのHPから無料の資料請求をして、不動産投資コンシェルジュに相談してみても良いでしょう。 

無料の資料請求はこちらから↓

東京近郊にお住いの方であれば、グローバル・リンク・マネジメントの無料の不動産投資セミナーに参加してみても良いでしょう。

不動産投資を会社にバレないようにする方法

不動産投資の税金

ここからは、具体的に不動産投資をやっていることを、会社にバレないようにする方法について解説します。

良く言われていることですが、不動産投資をやっているかどうかが会社にバレるかどうかは、「住民税」の金額でわかります。

どういうことかというと、会社で支払っている給料以上に住民税の金額が高いと、「他にも収入があるのではないか?」と、会社の経理担当者にわかってしまうということです。

ただ、実際はそれが判明したところで、冒頭でご紹介したような相続で不動産を受け継ぐパターンなどもありますので、特に何も言われないことが多いかとは思います。

住民税の「普通徴収」と「特別徴収」の違い

一応、会社にバレないようにする方法としては、この「住民税」の支払方法を「普通徴収」という方法に変更するという方法があります。

一般的な会社員の場合は、住民税は「特別徴収」という方法で、勝手に会社が源泉徴収をしてくれて、納付してくれます。

一方、住民税を「普通徴収」に変更した場合は、普段の給与からは源泉徴収がされず、市区町村から送られてくる納付書によって、一括または年4回に分けて支払いをすることになります。

ちなみに住民税の納付は、銀行口座からの自動引き落としが可能ですので、手間はそんなに増えません。

住民税の支払方法を「普通徴収」に変更する方法

住民税を「普通徴収」に変更するためには、確定申告時に、住民税の納付方法を「普通徴収」に選択する必要があります。

書面で確定申告する場合は用紙にチェックし、インターネット(e-Tax)で確定申告する場合は、住民税の納付方法選択画面で普通徴収にチェックをするだけで、変更手続きは完了します。 

副業で不動産投資を始めるにあたって最初にすべきこと

不動産投資

ここまできて、では実際に副業としての不動産投資は、「具体的にどう始めたら良いの?」という方には、下記のような方法をおすすめします。

① 不動産投資の支援サービスの利用

まずおすすめできるのは、不動産投資の支援サービスであるRenosy(リノシー)の利用です。

いきなり全てを自分一人でやるよりも、きちんとノウハウを持っている企業に相談しつつ取り組んだ方が良いからです。

また、当サイトにおいては、不動産投資の支援サービスのRenosy(リノシー)の評判や信頼性に関してはこちらの記事で検証しておりますので確認してみて下さい。

もしくは、東京近郊にお住いの方であれば、信頼性の高い無料の不動産投資セミナーなどに参加してみるのが無難でしょう。

② 無料の不動産投資セミナーの参加

不動産投資セミナーにも色々ありますが、当サイトにおいては(株)グローバル・リンク・マネジメントの無料セミナーをおすすめしています。

理由は、セミナーの内容が不動産投資の初心者の方にもおすすめできる内容となっており、かつ信頼性の高い企業が運営しているからです。

何も知らないままいきなり不動産物件を購入するのは危険ですので、基礎知識をつけるといった意味でも、一度このような無料の不動産投資セミナーに参加されることをおすすめします。

無料の不動産投資セミナーの参加はこちらから↓

なお、当サイトにおいては、本不動産セミナーを主催している(株)グローバル・リンク・マネジメントの会社としての信頼性などについても、念のため調査・分析しておりますので、「本当に信頼できる会社なの?」という部分が気になる方は下記の記事をご確認ください。

グローバル・リンク・マネジメントの評判に関する詳細はこちら

今のうちから不動産投資などの副業に取り組んで、給料以外の別の収入を作り、豊かな老後を迎えましょう。