お金の研究所 | 資産運用のお悩み解決サイト

資産を増やしたい人に向けた、投資信託・株式投資・不動産投資・ロボアドバイザー・ソーシャルレンディング・仮想通貨などに関する情報サイト

SBIソーシャルレンディングの評判や貸し倒れ状況は?信頼性を入念に調査

ローン

今回はソーシャルレンディング業界の中でも大手である「SBIソーシャルレンディング」についてです。

インターネット上での評判は上々のSBIソーシャルレンディングですが、実際のところはどうなのでしょうか?

SBIソーシャルレンディングの評判や口コミ、貸し倒れ状況、会社としての信頼性などを含めて、入念に調査・分析してみました。

SBIソーシャルレンディングの評判や口コミは?

まずSBIソーシャルレンディングはどれぐらい使われているのかと言うと、2017年に下記のニュースリリースが出ました。

当社は、2017年3月末におけるソーシャルレンディング事業の融資運用残高が111億円となり、100億円を突破いたしましたのでお知らせいたします。

なお累計融資実行額は245億円超、投資家登録申込者数は15,000人超となっております。

15,000人もの投資家が利用しているという点は、信頼できるでしょう。 

また、2011年から事業を運営している点や、SBIグループという大手の安心感、出金手数料が無料である点、各種キャンペーンが豊富であったりすることなどから、インターネット上の評判や口コミに関しては中々良いようです。

一方、伊藤忠商事が出資する【クラウドクレジット】 などの高利回りのソーシャルレンディング案件を扱う業者と比べると、平均利回りが2.0%〜7.0%と若干低くはなっております。

また、期限前償還が発生することもあり、当初よりも想定利回りが下がってしまうこともあるようです。

このような点がマイナスポイントとして挙げられていることが多いです。

ですが、一番注意しなければいけないポイントは「実際の貸し倒れ状況(=資金の損失リスク)」かと思いますので、そちらに関してはどうなのでしょうか? 

SBIソーシャルレンディングの貸し倒れ状況は?

SBIソーシャルレンディングの貸し倒れ状況に関して調査したところによると、以前「個人向け貸し出し」では貸し倒れがあったようです。

ただ、それらは現在では取り扱っていないファンド案件のようです。

また、現在のSBIソーシャルレンディングは「個人向け貸し出し」だけではなく、「事業者向け貸し出し」の案件も取り扱っております。

SBIソーシャルレンディングの種類4つ

SBIソーシャルレンディングの種類

SBIソーシャルレンディングの種類は、下記4つです。

  1. 不動産担保ローン事業者ファンド
  2. 証券担保ローンファンド
  3. カンボジア技能実習生支援ローンファンド
  4. オーダーメード型ローンファンド

これら4種類のファンド案件を確認してみて、一番固い投資案件となるのは、①不動産担保ローン事業者ファンドでしょう。

何故かというと、事業者向けの貸付であり、かつ担保として不動産をおさえているからです。

不動産を担保として抑えているということは、万一貸付先の事業者から返済されなかったとしても、担保である不動産を売却することで、資金回収をはかることができるます。

ですので、実質的なリスクはかなり低いと言って良いでしょう。

なお、この資金回収をはかれるという点では、②証券担保ローンファンドに関しても、有価証券を売却することで資金回収できる可能性はあります。

ですが、株式などの有価証券の場合は価格変動が大きいです。

そのため、資金回収をはかろうとした際に、市場環境によってその株式の価値が低下している場合もあります。

その場合は、当初想定したように資金回収ができなかったりすることもあるでしょう。

また、こちらの証券担保ローンファンドも個人向けの貸し出しに該当しますので、事業者向けのソーシャルレンディングよりも、投資リスクは高いと想定しておくのが無難でしょう。

ソーシャルレンディングmaneoは方向性を転換

なお、以前日本初のソーシャルレンディング事業者であるmaneoでも個人向け貸し出しにおいては「貸し倒れ」がおきていました。

ですが、maneoは現在は個人向け貸し出しではなく、企業向け貸し出しに完全にシフトしています。

このような日本のソーシャルレンディング業界における歴史的に背景を鑑みると、SBIソーシャルレンディングを利用する際は、なるべく企業向け案件を利用した方が良いと言うことは言えるでしょう。

SBIグループの会社としての信頼性は?

SBIソーシャルレンディング株式会社の概要

続いて、SBIソーシャルレンディング株式会社の会社概要を確認しておきます。

当然第二種金融商品取引業などの金融庁登録は済ませており、しっかりとした事業者であることが確認できます。

なお、こちらの公開情報によると、SBIソーシャルレンディング株式会社は、SBI FinTech Solutions株式会社の100%子会社であることが分かります。

そして、SBI FinTech Solutions株式会社はどんな会社かと調べてみると、SBIグループが77.5%を出資している子会社であることがわかります。

SBI FinTech Solutions株式会社の概要

これだけの出資比率がありますので、SBIソーシャルレンディング株式会社の信頼性は、SBIグループの信頼性とほぼ同義とみなして良いかと思いますし、総合的な会社としての信頼性は高いと言えるでしょう。

ちなみにですが、SBIグループの金融サービスは、全般的におすすめできます。

SBIグループのサービスは全般的におすすめ

SBIグループの金融サービスは、筆者も長年利用しています。

SBI銀行やSBI証券などの基本的な金融サービスに加えて、SBIグループはFXも使いやすく、各種手数料が安いのが特徴です。

SBIFXトレードは初心者にはおすすめできるFXサービスですので、まだFXを始めたことがない方やFX初心者の方などで、FXなどの資産運用方法にも関心のある方は、合わせて口座開設しておいても良いでしょう。

SBIFXトレードの口座開設はこちら↓

SBIソーシャルレンディングに関するまとめ

まとめ

以上、ここまでSBIソーシャルレンディングの口コミや評判、貸し倒れの状況、会社としての信頼性などを確認してきましたが、結論としては、SBIソーシャルレンディングは利用しても問題ないと言えるでしょう。

他のソーシャルレンディング事業者と比べると利回りは若干低くはなるものの、大手SBIグループの信頼性などから、分散投資の手段として、口座を保有しておくのは悪くない選択肢だと言えるでしょう。

SBIソーシャルレンディングの無料口座開設はこちらから↓

その他のおすすめソーシャルレンディング事業者

また、上記にても少しご紹介しましたが、その他のソーシャルレンディング事業者でしたら、利回りが高く伊藤忠商事も出資している【クラウドクレジット】 、不動産投資に特化したカカクコムが出資しているOwnersBook 、日本初のソーシャルレンディング事業者でVOYAGE GROUPが出資しているソーシャルレンディング maneoなどがおすすめです。

それぞれのサービスの詳細については、当サイトにても下記にまとめております。

クラウドクレジットの実績の確認方法や案件判断ポイントについて

maneo(マネオ)の評判や信頼性について

OwnersBookとJ-REIT(不動産投資信託)との違いについて

ソーシャルレンディングはあまりリスクを取りたくない人向けの新しい資産運用として、近年人気が出てきています。

ぜひ今のうちからソーシャルレンディングを活用して、豊かな老後を迎えましょう。