お金の研究所 | 資産運用のお悩み解決サイト

投資信託・株式投資・不動産投資・ロボアドバイザー・ソーシャルレンディング・仮想通貨などの資産運用に関する情報サイト

20代〜30代の資産運用!初心者におすすめの新しい投資4つ

資産運用

最近は資産運用の種類も豊富になってきました。

そこで今回は、以前からある株式投資は不安だし、投資信託はあまり満足でないといった人や、これから資産運用を始めようと考えている初心者の方に、2017年時点にてオススメの資産運用方法を4つほどご紹介します。

数千円や1万円などの少額から投資ができるものや、リターンが何十倍にもなっている投資商品・資産運用方法などを記載しておきます。

① 新しい不動産投資「1万円からの不動産投資」

不動産投資と聞くと若者にはどうもハードルが高いように感じられますが、実は最近ではOwnersBookというクラウドファンディングサービスで、不動産に1万円から投資が可能です。

これは実際に不動産の物件を所有するという訳ではなく、不動産投資のプロ達に不動産の選定を任せて、ファンドを通じて投資するというものです。

今までもJ-REITなどの不動産へ投資する金融商品はありましたが、OwnersBookの魅力は、更に安価な手数料と敷居の低さです。

1万円からの不動産投資ができるというのは中々無いですし、将来的に自分で不動産の購入を考えている方も、まずはOwnersBookに掲載されている案件を見て勉強しておくというのもありです。

OwnersBook(オーナーズブック)の信頼性は?

f:id:abroaders:20170708101620j:plain

出典:OwnersBook

詳細なP/L・B/SはHP上には公開されていませんが、上記の業績推移を見る限り、業績は堅調推移のように思われます。

また、運営メンバーも不動産投資のベテランばかりのようです。

代表取締役社長の岩野達志氏は東京大学農学部を卒業後、一般財団法人日本不動産研究所→ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン→ロックポイントマネジメントジャパンLLCにて経歴を積まれた不動産投資のプロです。

また、当然「不動産鑑定士や宅地建物取引士」などの資格もきちんと保有されています。他のOwnersBookのメンバーも長年の経験を積まれたその道の専門家が集結しています。

OwnersBookに関する詳細な分析や不動産投資信託との比較記事についてはこちら

不動産投資に関心のある方、ぜひ一度OwnersBookを使ってみてください。

② 新しい株式投資「株式投資型クラウドファンディング」

続いてご紹介するのが、株式投資ならぬ株式投資型のクラウドファンディングという新しい金融商品です。

株式投資型のクラウドファンディングを提供するファンディーノは、非公開企業(=上場していないベンチャー企業)へ株式投資ができるというものです。

FUNDINNO(ファンディーノ)の案件例

f:id:abroaders:20170708110604j:plain

まだサービスが始まってまも無いこともあり案件数は少ないですが、すでに募集金額を上回る金額で案件が成立しています。

今まで一部のエンジェル投資家やベンチャーキャピタルでしか、未上場企業への投資はできませんでしたが、現在ではファンディーノを通じて、将来性のある未上場のベンチャー企業への投資が可能になりました。

FUNDINNO(ファンディーノ)の信頼性は?

正直当初は「ちょっと大丈夫かな?」と思っていたんですけども、代表者2人は若いのですが、それ以外の取締役の経歴はかなりしっかりしておりベテラン揃いなことから、信頼に足りうると判断しました。

メンバーの詳細はファンディーノのメンバー紹介ページから確認することができますが、国内証券会社や外資系投資銀行などの金融機関を渡り歩いてきた人々で固められていますので、それなりの人材が揃っています。

また、会社のIR情報もファンディーノのHP上には公開されていますので、その点も信頼がおけました。

ちなみにファンディーノは株式投資型クラウドファンディングと言って、未上場企業へ投資できるサービスですが、普通に上場企業への株式投資に関心のある方は、まずファイナンシャルアカデミーが提供している株式投資の学校の無料体験会に参加してみて、どんな感じなのかの概要を掴んで見ても良いかもしれません。 

③ 新しい社会貢献投資「ソーシャルレンディング」

近年、新しい投資商品として「ソーシャルレンディング」という金融商品が出てきています。

ソーシャルレンディングとは、簡単にいうとお金を借りたい人と貸したい人との、インターネット上でのマッチングです。

ソーシャルレンディング事業者は、インターネット上でお金を投資したい人を募り、その資金を元に、お金を借りたい企業にお金を貸し出します。

当然ソーシャルレンディング事業者は、どの企業にお金を貸すかの審査をしていますので、無差別に貸し出す訳ではありません。

また、ソーシャルレンディング事業者は現在では日本では何社かありますが、事業を始めるにあたっては金融庁への登録も必要なため、歴とした企業でなければ事業を始めることすらできません。

ちなみに米国で有名なソーシャルレンディング事業者のLending Club(レンディングクラブ)は2006年に生まれ、なんとニューヨーク証券取引所に上場するまでの規模となりました。

一押しはクラウドクレジット(Crowdcredit)

ソーシャルレンディングの魅力は、何と言ってもその高い利回りです。

これは、融資先に高い金利で貸し出しをしているため、お金を預けている投資家(出資者)にも、高い利回りを還元できるのです。

ソーシャルレンディング事業者の中でも筆者が特にオススメするのは、【クラウドクレジット】です。

【クラウドクレジット】 は利回りが10%以上の金融商品も多数取り扱っており、業者としても信頼がおけます。 

【クラウドクレジット】の特徴を簡単に説明すると、南米やヨーロッパ、アフリカなど、海外の新興国に特化しているという点が挙げられます。

この海外という特徴が強いのは国内のソーシャルレンディング事業者では唯一であり、また、社会貢献性の高い投資を理念にも掲げています。

Crowdcredit(クラウドクレジット)の信頼性は?

【クラウドクレジット】 の代表者の杉山氏の経歴は、2005年に東京大学法学部卒業→大和証券SMBC→ロイズ銀行を経て起業されており、いわゆるエリートと言って良いでしょう。

また、【クラウドクレジット】 は2014年7月に、マネックスベンチャーズやGCI キャピタル、2015年3月には伊藤忠商事から約2億円を調達しています。

大手総合商社の伊藤忠商事が【クラウドクレジット】 に出資しているという点は、かなりの安心感があります。

そのような背景もあって、筆者は【クラウドクレジット】はソーシャルレンディング事業者の中でも、かなり信頼度が高いソーシャルレンディング事業提供者と言えると考えています。

クラウドクレジットに関する詳細記事はこちら

④ 新しい資産運用「仮想通貨投資」

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

最後にオススメするのが「仮想通貨」です。

2017年に入ってから「仮想通貨長者」と呼ばれる億万長者が数百人と日本でも誕生しました。

なぜこのような億万長者が多数誕生したかというと、仮想通貨は1ヶ月で20倍などに値段が上がることがあるからです。

そしてその仮想通貨は、現在では簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckなどの仮想通貨の取引所を通じて、数千円の少額からでも簡単に購入することができます。

もちろん、仮想通貨は価格変動がとても大きく、ハイリスク・ハイリターンな投資でもあるため、全資産を預けることは全くオススメしません。

ですが、仮想通貨には他の金融商品と比べて、なじみやすさがあります。

おすすめはコインチェック(coincheck)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取引所も日本には何社かすでに存在していますが、筆者が資産運用や投資初心者におすすめするのは簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckです。

何故かというと、他の取引所に比べて、投資の初心者でも圧倒的に操作しやすい画面、取引がわかりやすい画面となっており、また、簡単にスマホアプリでも仮想通貨が購入ができる仕様となっているからです。

今まで投資や金融に関して何も触れてこなかった人でも、自然と使えるUI設計になっています。

仮想通貨投資に必要なスキル

株式投資などをするにあたっては、企業の財務を読む力が無いと危険ですし、何より様々な金融用語を覚えておく必要があります。

一方、簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckなどで購入できる仮想通貨に関しては、既に仮想通貨の取引所に選定されたものでもあります。

また、それらの仮想通貨に関する情報は、色々とインターネット上で検索することで、手に入れることができます。

この仮想通貨に関しては、近年日本ではかなり盛り上がってきており、最近では色んな方がインターネット上で情報発信をしていますので、それらの情報を元に投資判断をすることができます。

ここで求められる投資スキルは、株式投資とは異なり、財務諸表を読む力でも株価指標を理解する力でもなく、おそらく情報収集能力と思考力のように思います。

残念ながら仮想通貨の中には詐欺まがいのものがあったりもしますので、そこに関してはきちんとした見極めが必要です。

詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)への投資 前書き&目次 - Yahoo!知恵袋

また、仮想通貨市場は株式市場とは異なり、現在ではインサイダー取引(内部の人が事前にニュースリリースの情報を知って投資するなど)も可能な市場ではありますが、それでも参加者がハイリターンを得られる投資領域でもあります。

今後市場自体も成長していくことが見込まれる仮想通貨市場に、一度簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckにアカウントを登録して、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コインチェックに関する詳細記事はこちら

以上、20代〜30代の資産運用初心者向けの1万円からでも簡単に始められる資産運用サービスのご紹介でした。